出会い系サイトで出会いました2019.05.16. // 婚約・結婚

私は今年の頭に結婚を考えていた女性に振られた30代の男性です。GW近くになって本当に出会いが欲しくなり、30代ももう終わりに近くなるので根気で出会いました。

今回の女性は「元飲み屋の女性です」
この方は過去に結婚しており、お子さんもいます。ただし
旦那に親権があり寂しい雰囲気を持っておりました。

そんな女性で、寂しがりやさんの私はすぐに仲良くなり
彼女とはGWに高山に旅行に行くくらいの仲良しです。

10歳年下で29歳の女性です。離婚したのが2年前で
結婚には少し抵抗はある。でも僕のことが好きで現在は
私の家で同棲しております。

今は彼女なしでは流石に困ります。もう2度と結婚を考えていた女性と別れるのはごめんです。このまま40歳になる前に
デキ婚などではなくてしっかりと結婚したいと思ってます。

できればこのまま彼女と笑顔でいれたらいいなって感じです。

出会いは出かけることで起きる2019.05.15. // 婚約・結婚

出会いというのは、ふとしたことから起きるものです。たまたま通りかかったところに、具体の悪そうな異性が苦しそうにいていて、そのまましらんぷりするわけにもいかず、助けたいと思って、病院に連れていったり、救急車を呼んだり、あるいはその他のことをしてあげることができるでしょう。そしてそのことが縁となって知り合い、交際が始まったという例さえあります。とはいえ、1つ言えるのは、家にいるだけで、なにもしないと出会いは起きないということです。出会い系のサイトを使ったりして、アプローチをすること、またどこかに外出すること、こうしたことをしていけば、出会いは起きる可能性があります。

賑やかな東京の人が多いところに出かけると、思いもよらない出会いがあるかもしれません。それは異性から声をかけられたり、ナンパされたり、あるいはちょっとしたことでお店の店員と親しくなったり、そんなことがあるものです。

タクシー運転手に転職しました2019.05.12. // ビジネス・起業・会社

子育て中のシングルマザーで、子育てと両立できる仕事はないかなぁと思っていたら、タクシー運転手は子供の行事にも参加できるし、仕事中に自宅へちょっと寄ることもできるので、これだったら仕事と子育ての両立も可能だなぁと感じることができたので、タクシー運転手への転職を検討するようになりました。やはりこうすることで、ライフスタイルにあった働き方ができるし、教習所へ通ってタクシー運転手の教習もきちんと受講したので、運転に関しては自信があるので転職活動もスムーズにできるようになり、しっかりと面接時にはアピールすることができました。自分なりに子育てとの両立をきちんと行うことが、何より重要ですしシングルマザーとして自立して働いていかないといけないので、しっかりと生計を立てていくためにもタクシー運転手としてプロ意識を持って働いていきます!

母から最後のサプライズ2019.05.12. // 暮らし・生活・お役立ち

先日から何度も兄から電話が有り、母親の遺品整理のために実家を見に行くように言われていて、今日やっと行く事が出来ました。母親はもう2年前に他界しているのですが、実家はそのままになっていました。実家近くに住む兄がたまに実家に行って窓を開けてくれたりしているのですが、ついに兄が家を壊す事に決めたのです。母の遺品は幾つか既に貰っているので、後は全部処分してくれても良かったのですが、兄がうるさく言うので、兄の都合が悪い日でしたが、今日1日だけ戻る事にしました。

母は私と違って整理整頓が行き届いていたのでそれ程整理するものはないと思ったのですが、大間違いでした。整理はされていたものの、ものが多くて結構大変でした。見ていると懐かしいものも有りましたが、私の家にも置く場所が無く、捨てるしかありませんでした。

そしてほぼ遺品整理も終わりかなと思った時、ふと高校生の時に見かけた母の姿を思い出しました。それは薄暗い物置の奥で、かがんで何かやっている母の姿でした。物置部屋は兄が既に整理をし終わっているから見なくても良い、と言われていましたが、気になったので念の為見に行きました。母の姿を見た場所です。そこをじっと見たり手で触ったりしていたら、床の1つの板が外れました。そしてそこには箱に入ったお札の束と私宛、兄宛の手紙が入っていました。私宛の手紙を見たら、このお金は兄と私で半分づつするように、兄には必要になるまで渡さない様に、そして私がこれを1人で見つけた場合は兄宛ての手紙は破棄するように、と書いてありました。兄は、借金はしないのですが、あるお金はあるだけ使ってしまうのです。

母親は、私達の誕生日にはプレゼントを隠したり、何かイベントを計画したりと、私達をびっくりさせる事が大好きでした。今回私が実家に呼ばれたのも、ふと母の姿を思い出したのも、母のサプライズに違い無いと思いました。

初めての長距離のお客さん2019.05.01. // ビジネス・起業・会社

今日はタクシー運転手になって初めて長距離のお客さんを乗せた。なんでも終電に乗り遅れたらしい。あの辺は駅の近くにホテルもあるし、無理してタクシーで帰らなくてもよい場所なんだけど。お客さん曰く、今日は結婚記念日で奥さんが家で待ってるからどうしても家に帰りたいらしい。結局タクシー料金は高速を使ったのもあってホテル代の5倍ぐらいになってたんだけど、それでも降りる時はありがとうとチップまでくれて、こんな良いお客さんもいるんだと俺まで嬉しくなった。あんな旦那さんなら奥さんもきっと幸せだろう。

それにしてもほんとこの商売をしてると、いろいろなお客さんを乗せる。当然だけど、今日みたいな良いお客さんもいれば、悪いお客さんもいる。だけどどちらにも言えるのは、タクシー運転手だからこそ出会える話。普通の会社員ならまずこんな光景には出会わない。たまたま求人を見て入った業界だったけど、今はこういう出会いもあって、とても気に入ってる。だから今はとてもこの仕事が面白い。「次はどんなお客さんが乗ってくるのか」…1人のお客さんを降ろすたびにそれを考えるのが次の仕事の活力になってる。

定期採用での就職と転職での人材の流動化2019.05.01. // ビジネス・起業・会社

日本では就職と言えば定期採用と言う時代が長く続いて来ました。もちろん、現在もそうした流れはありますが、大卒の新入社員が3年以内に30%が会社を辞めて転職すると言う現実もあります。
経済界にも人材の流動性を促す意味から、通年採用へのシフトの声も高まっています。今後、就労人口が減少する中で、人材の流動化が活発になる事で伸びる産業へのシフトを促進すると言った社会的なニーズは益々高まるとも言えます。
社会的に人材の流動化には、そうした意味がありますが、個人のレベルで考えた場合には、少し違った視点も必要だと思われます。
流動化が進み、人材が売り手市場になると、仕事に対する考え方が易きに流れる傾向が強まる可能性があります。しかし仕事の中で自己実現を果たし、社会に貢献すると言う気概を持ち、その為に計画的にキャリアアップすると言った想いを持ち続け、転職はそのキャリアアップの手段であって欲しいのです。
個人にこうした想いがなければ、いくら人材が流動化しても、経済・産業のダイナミズムは確保できないからです。

のんびりした最高の休日でした2019.04.27. // 婚約・結婚

今日は本当に久しぶりの休日でした!いやーうれしいですね、あくせくしなくていいって最高ですよね。
とりあえず、朝はゆっくりと起きましたね。朝というかお昼に近かったですけどね。
ずっと寝ていられるって本当に気持ちいいんですよ。
そして、天気が良かったのでふとんを干して、たまっていた皿を洗って、などなど、仕事がある日にはなかなか出来ない家事などを済ませました。
その後は外出しました。大好きな散歩に行ったのですよ。
駅のほうにゆったりと歩いていくのが私の最高のリラックスタイムなんです。
駅に着いたら、行きつけの本屋に入って今週の売り上げランキングをチェックしてみました。3位は、婚活ビジネスに関する書籍で、2位はアラサー・アラフォーの女性をターゲットにした恋愛小説、1位はなんと日本経済をわかりやすく解説したビジネス書でした。
1位がかなりまじめで地味めな本で驚きましたね。
その後は本屋からゆっくりと家に帰ってのんびり過ごしてました。
なんだかんだ、楽しい休日でした。
明日からも仕事を頑張れそうですよ。

ネット配信者と出会えた!2019.04.13. // 婚約・結婚

僕の職場は24時間稼働の食品工場。
従業員のほとんどは男性かオバチャン、しかも夜勤。
そんな環境では職場での出会いなど絶望的で、30代も目前になり日に日に焦りを感じるようになってきた。
婚活サイトに登録するほどのスペックもないし、出会い系サイトは、会った瞬間に「俺のオンナに何手ぇ出してんだよ金出せオラ」という展開になったら二度と立ち直れなさそうなのでパス。
しかし、そんな僕に奇跡的に女友達ができた。きっかけは「ツイキャス」という動画配信サービス。
「ツイキャス」は、スマートフォンから気軽に雑談などの配信ができる若者に人気のサービス。
閲覧者はコメントをしたり、連携してるTwitterをフォローをして繋がることができる。
僕はその子の配信に毎回通いコミュニケーションを取るうちに、家が近いこともあり直接会うようになった。
向こうはリスナーと直接会うことの面白さを楽しんでいるようだが、こっちは下心満載だ。
それを悟られないように、今は「友達」を頑張って演じている。

婚活サイトで出会った警察官の彼2019.04.11. // 婚約・結婚

これは15対15くらいの街コンで出会った警察官の彼氏。年齢や職業は様々で一人10分くらい話ができ、男性が順番に回っていくものでした。隣との席が近かったので、隣の人たちの会話が気になることもありましたが、お互い様で楽しく進めていきました。最後にカップリング発表があり解散となりましたが、私は早く帰ろうと思い一人でお店を出ました。すると、先程お話をした方が3人でいました。関係ないと思い過ぎようとしたところ声を掛けられ、ある一人に連絡先を渡されました。3人は同じ警察官だったようです。後日連絡をしようか迷いましたがせっかくの出会いだと思い、連絡をしました。そこから何度か出掛け、告白され付き合うことにしました。好きなわけでもなく、ただ何となく、彼氏もいなかったので。しかし、何度か会っている中でやはり問題が出てきました。一つはタバコです。私はタバコが嫌いなので、一緒にいて苦痛でした。もう一つは体臭です。初めは気のせいかなと思っていたのですが、明らかに受け付けない臭いでした。それからというもの、どんどん嫌になり結局2か月で終わりました。しかしこれは自分の本能が無理だと言っていること、無理して付き合っていても何も良くないなと思ったので、早々と別れて正解だと思っています。やはり生理的に受け付けないところ、本能的直観的に受け付けないところは自分を信じて良かったです。自分を信じ、一瞬でも違うと思ったら今後も違うという思いを引きずっていくことになるので、よく見極めていくことが大切だなと思わされた出会いでした。

健康管理に注意しつつタクシードライバーを続ける2019.04.02. // ビジネス・起業・会社

タクシードライバーとして深夜の運転をしていたり、待機をしていると、かなり眠たくなることがあるでしょう。居眠り運転だけはするわけにいきませんので、ちょっとトイレに行ったり、眠気覚ましの飲み物を飲んだり、あるいは仮眠をとるということも必要になるかもしれません。眠気というのは、急に襲ってくるものであり、それがなかなか取れないときには、それ以上タクシーを走らせるのは危険かもしれません。そうした時には臨機応変に対応することができるでしょう。稼ぎたい気持ちは山々ですが、事故などを起こしてからでは、取返しがつかなくなりますので、その点には注意が必要です。タクシードライバーの場合、寝不足とか、疲れ過ぎ、こうした点には注意すべきであり、健康管理は自分でしっかりとするようにして、安定そして安全なドライバーとして評価してもらえるようにできるでしょう。