衰えを実感する47歳。若い頃とは色々と違う2015.10.05. // 暮らし・生活・お役立ち

数日前から右の足首に違和感があったが、今日は朝から激しく疼いている。

見ると足首から足の甲にかけて赤く腫れ上がっている。少し熱も帯びているようだ。

会社には遅刻する旨を告げ、近所の整形外科に向かった。医者に診てもらうと

ひとしきり足首を捏ね回したあと、レントゲンを撮った。踵の骨にヒビでも入ったかと

思っていたが、違っていたようだ。医者が言うには踵の骨の上に小さな骨があり、

そこから半島状に飛び出した小さな突起部分が折れているのではないかと言う

見立てであったが、レントゲン写真を見るにこの骨はどうも最初から離れている

ようだ。この骨は最初から離れている人とそうでない人がいるのであるが、あなたは

前者のようですね。との事だった。この離れている部分が何らかの原因で激しく

擦れるか何かして炎症を起こしているのではないかと言う。

症状は分かったが、原因が思い当たらない。いや、思い当たりはするのだがどうも

釈然としない。原因と思しきは数日前に仕事中に軽トラックの荷台から飛び降りた際に

右足に軽い痛みが走った事ぐらいか。多分それだろうとは思うが、たかかあれしきの

事で…、と我ながら情けない。若い頃には何でもなかった事がもう出来なくなっているのか

と衰えを実感して悲しくなった。

 

ところで同じく40代でもがんばってるおやじのブログを見つけた。おれも元気をもらってがんばろうと思う。