アフターサービスも良い就労ビザの代行業者2019.06.27. // ビジネス・起業・会社

グローバル社会の今、そして減少する日本の人口、市場が小さくなりつつあるこの現状を乗り越えるために求められていることは、外国人労働者を積極的に雇用することであり、新しい風を社内に入れることで、新しいものを生み出していくことかもしれません。

多くの企業が外国人の雇用に積極的になっており、そのために必要な就労ビザの取得をサポートしています。

そしてそのための就労ビザの取得をする代行の業者が実に良い働きをしてくれます。就労ビザは発効後1年後に更新しなければならないのですが、うっかりそれを忘れてしまい、不法滞在になってしまうケースがあります。

代行業者は、就労ビザの更新期限を通知することで、企業はその状況に気がつき、対応することができます。就労ビザの代行業者は、アフターサービスのサポートにも力を入れています。

早めに転職先としてタクシードライバーになるのは賢いこと2019.05.20. // ビジネス・起業・会社

転職先としてタクシードライバーをするのは、とても良いことです。サラリーマンは収入が伸び悩んでおり、何年勤めても、月収はほとんど同じ、ボーナスが出れば良い方、そんな感じであり、いつリストラされるのか、びくびくしながら仕事をしている人たちはたくさんいるのです。ではその一方でタクシードライバーはどうでしょうか。リストラされるかもしれないとびくびくしながら仕事をすることがあるでしょうか。そのようなことは一切ありません。それに収入は上がらないままでしょうか。そのようなこともありません。収入はどんどん上がっていき、それが止まるということはありません。年数が長ければ長いほど、収入が増えるので、働き甲斐があります。そのような感じなので、早めにタクシーの仕事に転職をするというのは、実はとっても賢いことなのです。それにやがては個人タクシーを開くことができるかもしれません。

タクシー運転手に転職しました2019.05.12. // ビジネス・起業・会社

子育て中のシングルマザーで、子育てと両立できる仕事はないかなぁと思っていたら、タクシー運転手は子供の行事にも参加できるし、仕事中に自宅へちょっと寄ることもできるので、これだったら仕事と子育ての両立も可能だなぁと感じることができたので、タクシー運転手への転職を検討するようになりました。やはりこうすることで、ライフスタイルにあった働き方ができるし、教習所へ通ってタクシー運転手の教習もきちんと受講したので、運転に関しては自信があるので転職活動もスムーズにできるようになり、しっかりと面接時にはアピールすることができました。自分なりに子育てとの両立をきちんと行うことが、何より重要ですしシングルマザーとして自立して働いていかないといけないので、しっかりと生計を立てていくためにもタクシー運転手としてプロ意識を持って働いていきます!

初めての長距離のお客さん2019.05.01. // ビジネス・起業・会社

今日はタクシー運転手になって初めて長距離のお客さんを乗せた。なんでも終電に乗り遅れたらしい。あの辺は駅の近くにホテルもあるし、無理してタクシーで帰らなくてもよい場所なんだけど。お客さん曰く、今日は結婚記念日で奥さんが家で待ってるからどうしても家に帰りたいらしい。結局タクシー料金は高速を使ったのもあってホテル代の5倍ぐらいになってたんだけど、それでも降りる時はありがとうとチップまでくれて、こんな良いお客さんもいるんだと俺まで嬉しくなった。あんな旦那さんなら奥さんもきっと幸せだろう。

それにしてもほんとこの商売をしてると、いろいろなお客さんを乗せる。当然だけど、今日みたいな良いお客さんもいれば、悪いお客さんもいる。だけどどちらにも言えるのは、タクシー運転手だからこそ出会える話。普通の会社員ならまずこんな光景には出会わない。たまたま求人を見て入った業界だったけど、今はこういう出会いもあって、とても気に入ってる。だから今はとてもこの仕事が面白い。「次はどんなお客さんが乗ってくるのか」…1人のお客さんを降ろすたびにそれを考えるのが次の仕事の活力になってる。

定期採用での就職と転職での人材の流動化2019.05.01. // ビジネス・起業・会社

日本では就職と言えば定期採用と言う時代が長く続いて来ました。もちろん、現在もそうした流れはありますが、大卒の新入社員が3年以内に30%が会社を辞めて転職すると言う現実もあります。
経済界にも人材の流動性を促す意味から、通年採用へのシフトの声も高まっています。今後、就労人口が減少する中で、人材の流動化が活発になる事で伸びる産業へのシフトを促進すると言った社会的なニーズは益々高まるとも言えます。
社会的に人材の流動化には、そうした意味がありますが、個人のレベルで考えた場合には、少し違った視点も必要だと思われます。
流動化が進み、人材が売り手市場になると、仕事に対する考え方が易きに流れる傾向が強まる可能性があります。しかし仕事の中で自己実現を果たし、社会に貢献すると言う気概を持ち、その為に計画的にキャリアアップすると言った想いを持ち続け、転職はそのキャリアアップの手段であって欲しいのです。
個人にこうした想いがなければ、いくら人材が流動化しても、経済・産業のダイナミズムは確保できないからです。

健康管理に注意しつつタクシードライバーを続ける2019.04.02. // ビジネス・起業・会社

タクシードライバーとして深夜の運転をしていたり、待機をしていると、かなり眠たくなることがあるでしょう。居眠り運転だけはするわけにいきませんので、ちょっとトイレに行ったり、眠気覚ましの飲み物を飲んだり、あるいは仮眠をとるということも必要になるかもしれません。眠気というのは、急に襲ってくるものであり、それがなかなか取れないときには、それ以上タクシーを走らせるのは危険かもしれません。そうした時には臨機応変に対応することができるでしょう。稼ぎたい気持ちは山々ですが、事故などを起こしてからでは、取返しがつかなくなりますので、その点には注意が必要です。タクシードライバーの場合、寝不足とか、疲れ過ぎ、こうした点には注意すべきであり、健康管理は自分でしっかりとするようにして、安定そして安全なドライバーとして評価してもらえるようにできるでしょう。

英語ができると役立つハイヤーの仕事2019.04.02. // ビジネス・起業・会社

グローバル化した社会になり、海外から日本に仕事に来る人たちが増えてきました。当然そのような外国からの重要な役職を持つ人たちが、日本企業と仕事をする場合には、飛行機を使って日本にやってくることになり、空港に迎えに行く必要が生じてきます。ハイヤーはそのような外国人を、目的のところまで送迎するという仕事が入ることがあります。そのような時に、英語ができるとやはり有利であり、ちょっとした会話をして、相手を和ませたり、リラックスできるように配慮することができるかもしれません。上手な英語ではなくても、たとえ片言でも、英語を使おうとすることは喜ばれるし、ハイヤーのドライバーとして、ふさわしいおもてなしの1つにもなることでしょう。いろいろな人を乗せることになるハイヤーの仕事は、客層が良いのが特徴ですが、海外からの重要な人を乗せることもあります。

タクシードライバーは免許が必須ではありますが2019.03.20. // ビジネス・起業・会社

転職先としてタクシードライバーを目指すというのは割とお勧めできたりしてるわけがあります。そもそも未経験でも大丈夫なのか、ということがありますが、運転免許があるのであればまずは第一段階クリアという感じです。そして、二種免許を取得することができる状況であるのかどうかというのが大事になります。今現在、二種免許を持っていないとしてもそれはそこまで不安になることでもないです。実はそういう状態の人でも雇ってくれるタクシー会社というのはたくさんありますから心配することはないです。何しろ、入社してから免許を取得するということもありますし、その免許取得費用すら、会社が負担してくれるというところも少なからずありますからそういうところからまずは目指してみるというのも悪くはないでしょう。そういうことができるのがタクシードライバーなのです。

不動産投資はどんな風にやるのか2019.03.03. // ビジネス・起業・会社

アパート収益というのはかなりお勧めできるようになったりするわけですがまずは何と言っても不動産投資としてはそれがお勧めできるようになるわけですがやはりリスクというのがそれなりに存在してしまうということが強い部分であると言えるでしょう。

つまりは、とにかく借りてくれる人がいるというのが重要なことになりますからそこから考えるようにしましょう。また、結構な金額の投資になるということがほとんどになりますのでそこをよく考えるべきと言えるのも間違いないのですが、だからこそ、リターンもそれなりに大きいということが多いのでそれは間違いなくメリットとして確立されることでしょう。

ただし、さすがにどのように投資計画を立てるべきであるのか、ということが 不動産投資には色々と利点があるのですが、それはリスクにも繋がっていることになりますから、注意しましょう。

ファクタリングサービスは早い2019.03.01. // ビジネス・起業・会社

ファクタリングサービスというのは融資を受けるというわけではなく、買取をしてもらうということになります。ですから、自社の状態がどのようなものであろうとも売掛金ということに関しては変わることがないわけですから、ほぼ問題ないということになります。

つまり、どんなに赤字経営であろうとそれこそ、税金の滞納をしていようが絶対に駄目というわけではないのがこのサービスの魅力的な部分であると言っても過言ではないわけです。

こういうサービスを利用しようとしている時点で当たり前ですが資金繰りに困っているということになります。ですから即日で判断をしてくれるというようなところの方が良いというわけです。そういう資金需要であるということはわかっているわけですからファクタリングサービス業者もかなり早く判断してくれています。そこは有難いことになるでしょう。