英語ができると役立つハイヤーの仕事2019.04.02. // ビジネス・起業・会社

グローバル化した社会になり、海外から日本に仕事に来る人たちが増えてきました。当然そのような外国からの重要な役職を持つ人たちが、日本企業と仕事をする場合には、飛行機を使って日本にやってくることになり、空港に迎えに行く必要が生じてきます。ハイヤーはそのような外国人を、目的のところまで送迎するという仕事が入ることがあります。そのような時に、英語ができるとやはり有利であり、ちょっとした会話をして、相手を和ませたり、リラックスできるように配慮することができるかもしれません。上手な英語ではなくても、たとえ片言でも、英語を使おうとすることは喜ばれるし、ハイヤーのドライバーとして、ふさわしいおもてなしの1つにもなることでしょう。いろいろな人を乗せることになるハイヤーの仕事は、客層が良いのが特徴ですが、海外からの重要な人を乗せることもあります。