あなたもお疲れ様です。2019.03.06. // 暮らし・生活・お役立ち

昨日は抱えてる仕事が長引き、終電を逃してしまった。

最寄り駅まで行かない池袋終点の電車に仕方なく乗り、池袋からはタクシーで帰ることにした。

まるで蜜に群がる虫のように、池袋駅にはタクシーが集まっていた。

横断歩道で適当に捕まえたタクシーに乗って、住所を伝えて自宅前まで運んでもらう。

30分程度の乗車時間にタクシードライバーとの会話はなく、無駄な世間話や仕事の愚痴もない。こういう配慮のある沈黙は僕は好きだ。

タクシードライバーの仕事は人を運ぶことであるけれど、同時に移動のストレスを軽くしてあげることだとも思う。距離感を間違えたコミュニケーションをとってくるタクシードライバーは正直多いし、ハズレくじを引いた時の絶望は大きい。

そんな運転手にあたるたびに「早く自動運転にならないかな〜」と適当なことを思う。

ただ昨日の運転手さんは降車の際、お釣りを渡すと同時に「お疲れ様です」と声を掛けてくれた。

タクシードライバーから言われる「お疲れ様です」は妙に心に染みる。