離婚して後悔しないことが大事2018.08.19. // 暮らし・生活・お役立ち

子供がいる家庭では、両親が仲が悪くなっても、離婚をしないということがあります。それはなんといっても、離婚をすることにより子供のことを心配してしまうからです。まず心配するのは、子供をどっちが引き取るかということです。その時、自分が引き取りたいので相当揉めることは覚悟が必要です。

また辛いのは、子供自身です。子供は何も悪くないのに、両親の都合で離れてしまうことになるからです。お父さんもお母さんも好きという場合は、とても辛い思いをしますね。しかし生活があるので、その苦しい思いを抱えながら気持ちを強く持って生きて行くことになります。

しかしやっぱり子供自身が、親が離婚をすることによりトラウマのような気持ちを抱えることもあるのです。そのようになると、子供の人生も変えることもあるかもしれません。離婚というのは、とても簡単なことですが、そのように辛い気持ちをずっと持つ事になる覚悟がいります。