武蔵村山市のエリアについて2018.02.15. // 暮らし・生活・お役立ち

武蔵村山市と言えば東京都の多摩地区の中でも北部に位置しており埼玉県所沢市と隣接した場所です。鉄道の駅がないという特徴があるものの路線バスが発達しているため不便さはあまり感じることはありません。東西と結ぶ青梅街道や南北には立川と結ぶ武蔵村山線が伸びているため車があれば何処へ行くにもアクセスがしやすいという特徴もあるのです。それと東京都でありながら自然環境が残っていることも子育て層に支持を得ている理由にもなっています。

市内には大型のイオンショッピングモールがあり休日には大勢のファミリーでにぎわっており活気もあるのです。

そんな武蔵村山市 新築住宅を購入する際には大まかに2つのエリアを検討することができます。一つは北西部エリアです。自然環境が豊かであるものの鉄道やモノレールからの距離が遠いため価格帯としては割安なため車で通勤する方にはもちろん子供を自然の中でのびのび育てたいと願う方からは強い支持があるのも頷けます。もう一つのエリアは南部です。こちらはショッピングモールへのアクセスも良く鉄道駅からも比較的近いため価格も若干高くなります。都心への通勤がある場合には多少高くても南部エリアの新築物件を購入する方が賢明な選択肢になります。