踏み倒しよりも債務整理の方がいい2016.12.25. // 暮らし・生活・お役立ち

金融機関からお金を借りないといけないほどに追い込まれてしまい、借金生活に入り、そのあともなかなか返済することができずに借金が膨らんでいくという悪循環に陥り、そのうちにかなり複数の業者から催促の電話を受けるようになるかもしれません。

それはかなりピンチな状況であり、その時には債務整理と踏み倒しについて考えるようになるに違いません。踏み倒しというのは、いわば逃げることですので、電話を無視するとか、住所を変えるとかして、なんとか取り立ての人たちから逃げ続ける、それを5年以上することで時効を迎えるようにするというものなのですが、その期間は生きた心地がしないかもしれません。

そのような生活をするのであれば、債務整理をしてきちんとした手順を踏んでいく方がずっと平安ですし、堂々と生活していくことができるに違いありません。