新しいタイプのランサムウェア2015.07.03. // ビジネス・起業・会社

パソコンユーザーにとって、気をつけなければならないものの1つが不正なウイルスです。さまざまなウイルスが開発されていて、気づかぬうちに自分のパソコンにインストールされてしまう場合があります。ウイルスを防ぐためには、ウイルス対策のソフトを使用するのが基本です。近年、ランサムウェアと呼ばれる新しいタイプのウイルスが登場していて、多くの被害が発生しています。ランサムウェアは、パソコンの画面に多数のウィンドウが表示され、使用することができなくなったり、保存してあるファイルが破壊されてしまったりする厄介なウイルスです。

ランサムウェアは、身代金要求型と呼ばれるタイプのウイルスで、身代金の決済を求めてきます。身代金として用いられるものとしては、現金ではなく仮想通貨が多いです。ランサムウェアに感染してしまうパソコンは、ウイルス対策が不十分なものが大半です。日頃から、セキュリティに対する意識を高めておくことが必要なのです。