結婚契約書の作成は行政書士に手伝ってもらおう2015.06.01. // 婚約・結婚

結婚前に夫婦間の約束などを取り決めておく、結婚契約書が多くの夫婦間で取り決められています。これは結婚生活に関する約束事を2人で相談して決めるもので、基本的に公証役場に提出をしないと、契約書と同じ効力は発生しません。つまり、契約にならず、単なる約束になりかねないということです。

この結婚契約書のポイントは、作って終わりではなく、それを役所に提出し、公正証書と呼ばれるものを作ってもらう必要があるとことです。そこまでしていただくと、本当に契約書同然の効力が発生するので、言い逃れができなくなるのです。こういった結婚契約書は、法律の知識も必要になりますから、2人で作成するのはちょっと難しいかもしれません。

多くの場合は行政書士などに依頼をして、詳しい方のもと作成していくというのが主流になると思われます。愛知県の名古屋市などでも行政書士の事務所はたくさんありますから、この地域の住んでいる人は、婚前契約書 名古屋で依頼をすれば2人で安心して生活するための結婚契約書が作成できるのではないでしょうか?